photo

地産地消+地再生

アサカ理研が目指す新たな資源循環モデル。

レアメタルの
安定調達における
課題解決に向けて

アサカ理研はLiB再生事業を通じ、レアメタルの鉱山開発・安定調達・廃棄処分といったサプライチェーンにおける世界的な課題の解決に貢献することを目指しています。
当社が提案するのは、「地産地消+地再生」という新たな資源循環モデル。レアメタルを含む製品が、製造され(地産)、使用された(地消)地域内において再び製品となる材料を作る(地再生)。
当社は、安定したサーキュラーエコノミーの構築に貢献することで、真に持続可能な社会を実現します。

  • リチウムイオン電池における
    サプライチェーンが抱える課題

  • 脱炭素社会の実現に向け、レアメタルなどの希少資源の確保を巡る競争が激化する中、LiBのサプライチェーンにおける課題は、一層深刻さを増しています。
    資源の枯渇はもちろんのこと、資源国では、過度な鉱山開発による自然破壊や強制労働が、日本のように天然資源のない国では、安定した数量の確保や調達価格の変動など、国・地域ごとに抱えている課題は多岐にわたっています。

新たな資源循環モデルの提案

  • LiBにおけるサプライチェーンの課題緩和策として、提案するのが「地産地消+地再生」モデル。
    製品が産まれ、使用されたそれぞれの地域内において、資源を再生し、新たな製品の材料として再利用するという持続可能な資源循環モデルです。
    この地産地消+地再生モデルを実現する第一歩として、乾式処理工程を得意とする東邦亜鉛株式会社と共同研究開発契約を締結しました。今後は、電池メーカーや自動車メーカーなどの各企業ともパートナーシップを組み、対話を重ねながら、強固なスキーム構築に取り組んでいきます。
    志を同じくする企業と連携し、天然資源の有無に制限を受けることのないサプライチェーンを築き上げ、絶え間なく資源が循環するクローズド・ループを実現することで、過度な鉱山開発や資源調達にかかる課題解決に貢献していきます。

  • 対話による工程確立

持続可能な社会の
実現に貢献するため、
資源の可能性を再発見し、
循環させる

レアメタルをはじめとした資源には、さまざまな可能性が眠っています。だからこそ、過度な鉱山開発や廃棄処分による地球環境に対する「破壊」という行為を、「再生」に変えなくてはなりません。そのために、これまで培ってきた独自の技術力と機動力を活かし、LiB再生事業を確立させていきます。
そして、 "LiB to LiB" の早期実現を目指し、前処理工程を得意とする東邦亜鉛株式会社をはじめ、複数企業との提携を継続して推進していきます。当社は、人類と地球が共存できる未来を願い、いかなる資源の再生もあきらめません。

アサカ理研が考える
サステナビリティ

Next Action

アサカ理研が向き合う
レアメタルの可能性

  1. Story01LiB再生事業

    レアメタル事業の集大成。
    アサカ理研の新たな柱。

  2. Story02新いわき工場

    いわき工場は、
    LiB再生事業の新拠点へ。

  3. Story03地産地消+地再生

    アサカ理研が目指す
    新たな資源循環モデル。