photo

分析事業

ベースメタルから貴金属、
注目のレアメタルまで。
貴重な資源をお客さまに
代わって分析します。

成型品や製品、スクラップ、廃液、汚泥、触媒など、形状を問わず、対象物に含まれる資源を分析・評価しています。多様な分析装置により、微量・微細な試料の評価や毒物の取扱いが可能です。また、長年にわたり培ってきた豊富な経験と技術により短納期に対応。幅広い分野でお客さまの省力化、コスト削減に貢献します。さらに、産業廃棄物も削減できるため、環境保全にもつながっています。

アサカ理研だから迅速で緻密。

photo

サービスの特徴

分析対象アイテムおよび形状

  • 高純度Au中の不純物の定量

    回収・再生した金地金は、定められた規格に基づき、その品位を保証する必要があります。当社では、長年にわたり蓄積したノウハウと機器分析を駆使して、不純物元素濃度を測定し、純度を確定します。

  • 高純度Au中の不純物の定量
分析フロー 評価結果例
  • スラッジ(汚泥)中の
    有価金属の評価

    産業廃棄物として扱われるスラッジ(汚泥)中には、排出源によって有用な金属類を含むことが多々あります。スラッジの組成評価により、有用な金属をリサイクルできるだけでなく、産業廃棄物の削減にもつながる重要な評価となります。

  • スラッジ(汚泥)中の有価金属の評価
分析フロー 評価結果例
  • 使用済み触媒中の
    レアメタル・貴金属の評価

    さまざまな化学工業プロセスで使用される触媒には、レアメタルや貴金属など有価金属が含まれており、これらのリサイクルの過程で組成・含有量の把握は重要な要素となります。

  • 使用済み触媒中のレアメタル・貴金属の評価
分析フロー 評価結果例

保有分析装置一覧

  • 誘導結合
    プラズマ発光
    分光分析装置(ICP-OES)
    誘導結合プラズマ発光分光分析装置(ICP-OES)

    溶液中に含まれる微量元素の定性分析、定量分析を行ないます。

  • 波長分散型
    蛍光X線分析装置(WDX)
    波長分散型蛍光X線分析装置(WDX)

    物質にX線を照射した際に発せられる特性X線から定性分析を行ないます。

  • イオン
    クロマトグラフ
    イオンクロマトグラフ

    溶液中の陰イオンの定性・定量分析を行います。

  • 走査型
    電子顕微鏡
    EDX付(SEM-EDX)
    走査型電子顕微鏡EDX付(SEM-EDX)

    試料表面の微小な形状や大きさを観察する。さらに、試料表面がどのような元素で、どのような比率で構成されているかの情報を得ることも可能です。

  • 微小部X線
    回折装置(XRD)
    微小部X線回折装置(XRD)

    無機や金属などの結晶化合物を特定します。ガラスや金属表面の微小な異物の測定が可能です。

  • 紫外可視分光
    光度計(UV-Vis)
    紫外可視分光光度計(UV-Vis)

    吸光度と照射した光の波長の関係から、物質の化学構造を推定します。

  • フーリエ変換
    赤外分光光度計(IR)
    フーリエ変換赤外分光光度計(IR)

    有機化合物(液体または固体試料)を特定します。

  • ガスクロマト
    グラフ質量分析計
    (GC/MS)
    ガスクロマトグラフ

    ガスクロマトグラフで分離後、イオン化された分子を質量分離部に導入することにより、定性及び定量分析を行ないます。

  • 誘導結合プラズマ質量分析計
    (ICP-MS)
    原子吸光光度計

    ICPによってイオン化された原子を質量分析計に導入することにより、定性及び定量分析を行ないます。