photo

LiB再生事業

レアメタル事業の集大成。
アサカ理研の新たな柱。

リチウムイオン
電池市場の急速な拡大

ハイブリッド車や電気自動車といった次世代車や、私たちの生活を豊かにするスマートフォンなどの最先端デバイス。その動力源として使用されるのが、リチウムイオン電池(以下、LiB)です。特に、脱炭素社会の実現に向けた次世代車の普及に対する動きに呼応し、LiB市場も急速に拡大しています。
しかし、LiBをはじめ、最先端デバイスなどの材料として幅広く使用されるレアメタルの調達や鉱山開発には、環境負荷や社会問題などの課題もあります。アサカ理研は、半世紀にわたり培ってきた技術を活かし、2013年よりレアメタル事業に、2019年よりLiB再生事業に参入しました。使用済みのLiBからレアメタルを再生し、LiBの材料として供給する "LiB to LiB" の早期実現を目指し、あらゆることに挑戦していきます。

  • レアメタルが抱える世界的課題

  • レアメタルは、次世代車やIT製品などの高機能高付加価値製品や、コジェネレーションシステムに代表される環境対策製品・省エネ化にとって、必要不可欠な資源です。
    一方で、埋蔵量が少なく、技術的・経済的な理由で抽出が困難であり、安定的な供給が政策的に必要な非鉄金属でもあります。レアメタルは偏在性が高く、中国やインドネシア、南アフリカなどの国々が高いシェア率を占め、日本は海外からの輸入を通じ、調達せざるを得ません。
    また、LiBの主原料であるコバルト、ニッケル、リチウムの3元素については、2025年に供給不足に陥るとされています。資源枯渇の懸念がある中、資源の確保における競争は激化し、安定した資源調達の実現が世界的な課題となっています。

  • 次世代車の急速な普及

  • 次世代車の生産台数と車両の廃棄台数予測グラフ
  • 脱炭素社会を見据えて急速に普及していくであろうハイブリッド車や電気自動車といった次世代車の生産台数は、2040年に1億台の大台に達すると言われています。
    しかしその一方で、役割を終えた車両の廃棄台数は、2025年頃から急激に増えはじめ、2040年には6,000万台を超えることが見込まれており、急速な普及の裏側で、廃棄処分という新たな課題が浮かび上がっています。

LiB再生事業に
参入する理由

2015年パリ協定にて、温室効果ガス排出量削減の新たな枠組みが定められ、世界各国で様々な取り組みがなされています。電気自動車をはじめとする次世代車の普及はその中の一つで、搭載されているLiBを巡っては、EUにおいてカーボンフットプリントの提出や、一定以上のリサイクル材料使用を義務付けた、新たな規制の導入が検討されているなど、さらにその歩みを大きく進めようとしています。
しかし、資源の偏在性や枯渇、過度な鉱山開発による自然破壊や産出国での労働問題、役割を終えた後の廃棄処分方法など、多くの課題が残されています。
当社がなぜ、LiB再生事業に参入することを決意したのか。それは、当社が"LiB to LiB"を実現し、国や地域内に安定した資源循環プロセスを生み出すことで、これらの課題解決に貢献したい。そして、人と地球の持続可能性に大きく貢献したいと考えたからです。

サーキュラーエコノミー SDGs
  • "LiB to LiB" の実現に向けた
    ビジネスパートナーとの提携

  • "LiB to LiB" の実現には、LiBを製造する「動脈産業」と、使用済みのLiBからレアメタルを再生する「静脈産業」が、一体となって連携できる体制を整えることが不可欠です。そのため、当社は、ビジネスパートナーとの提携を模索しています。
    2021年8月、その第一歩として、東邦亜鉛株式会社との間に共同研究開発契約を締結しました。当社は、湿式処理によるレアメタルの高い回収率を誇るものの、使用済みLiBの集荷・解体・前処理に課題を抱えていました。一方で、東邦亜鉛株式会社は乾式処理を強みとし、使用済みLiBからのレアメタル抽出・精製方法を模索していました。双方の強みがマッチすることにより、契約締結を実現。
    また、お互いに福島県いわき市に工場を持つという立地的な条件も、共同研究開発の後押しとなりました。

Next Story

"LiB to LiB" を
福島で実現するために

当社は、創業の地である福島県で、LiB再生事業を推進していきます。その新拠点となるのが、2014年に設立した「いわき工場」です。
東日本大震災および原子力災害によって甚大な被害を受けた地域の産業復興に貢献するとともに、新たな資源循環モデルの構築を目指します。

Story02新いわき工場

いわき工場は、
LiB再生事業の新拠点へ。

Next Action

アサカ理研が向き合う
レアメタルの可能性

  1. Story01LiB再生事業

    レアメタル事業の集大成。
    アサカ理研の新たな柱。

  2. Story02新いわき工場

    いわき工場は、
    LiB再生事業の新拠点へ。

  3. Story03地産地消+地再生

    アサカ理研が目指す
    新たな資源循環モデル。