ホーム

事業内容

貴金属事業

貴金属事業とは

貴金属事業とは

貴金属事業部トップページ


3つのコア技術をフルに活かして都市鉱山から有価金属を効率的に回収し、同時に先端部品や使用済み治具を再生します。


水晶デバイス、LED、パワーデバイス、精密プレス、プリント基板、etc....。
各業界のお客様からの課題に全力で向き合い解決してきた経験とコアな化学知識から培ったエッチング技術がアサカ理研の最大の強みです。
この経験と技術を活かし、自動車から水晶振動子大手、宝飾・眼鏡メーカーまで、数多くの企業と取引実績を積み上げ、お客様から高い評価を得ています。



有価金属回収

電子部品(半導体・LED・パワーデバイス等)メーカーや宝飾・眼鏡メーカー等、有価金属を含有する材料を扱う事業者より集荷した基板屑・不良品・廃棄品から、金・銀・白金・パラジウム等有価貴金属のみを効率的に回収します。高い回収率、スピーディ、多品種・小ロット対応可能の秘密は、独自の溶解抽出法。電解法や湿式法に比べ精製時間の短縮、高品質、低コスト、環境負荷低減など、多くのメリットを持つ回収・精製技術です。
また、貴金属だけでなく、基板等での母材評価やレアメタルの有価評価も行っています。



精密洗浄

主に先端部品のドライメッキに使用される防着板やマスク等の治具類の洗浄を行っています。機械剥離より母材へのダメージが少なく、電解剥離より効率のよい「化学剥離」を基本とした薬液洗浄と、純水を使用した最終洗浄ラインで、薄手・複雑な形状の治具も効率的に洗浄します。
洗浄後の治具はお客様に返却。また治具類から剥離した有価金属も回収し、販売またはお客様に返却しています。返却後の治具は繰り返し使用できるため、コスト削減と品質管理に貢献。お客様の生産ラインの一翼を担っています。 また剥離だけでなく、協力工場による溶射等の表面処理加工も行っています。



先端部品再生

次々と開発される電子機器。製造過程で発生した不良品から、先端部品を再生・リサイクルします。付着している複数の膜を独自の技術で剥離。部品が本来持つ性質や利用目的を損なうことなく回収・再生できるため、返却後再利用が可能です。



歯科金属評価システム

歯科器材商社等と提携し、歯科スクラップからの有価金属回収・評価を行っています。事業開始直後から、その高い回収率、高い透明性、高い評価率が大きな反響を呼び、提携先のお客様はもちろん歯科医師の方々からも信頼と評価を得ています。提携先も順調に増え、全国をカバーしています。