企業理念


資源の有効活用、環境保護を目的に3本柱で事業を展開

アサカ理研は、「豊かな創造性を発揮し、社会貢献を果たす」を社是として掲げ、まだリサイクルという言葉もない創業以来、地球資源の有効活用や環境保全に目を向け、それら資源の再生技術を柱に発展してまいりました。市場ニーズを発掘し、解決する中で生まれた発想や技術がアサカ理研の原動力です。
今後も、「市場創造型企業」として、日々独自の技術で新たな製品・サービスを開発・提案することで、皆さまのご期待に沿えるよう努めてまいります。



社是

豊かな創造性を発揮し、社会貢献を果たす。



基本理念

社会的公器(社会的責任)

企業は社会の公器である。商品・サービスを通じて顧客に、加工・仕入を通じて取引先に、トータル・リワードを通じて社員に、配当及び企業価値の向上を通じて株主に、地域貢献活動を通じて地域社会に、納税を通じて国家に報い、事業の社会的責任を果たす。


倫理的活動

法令や社会的規範の遵守はもとより、高い倫理観をもって事業活動を行い、経営の透明性を高める。


個の尊重(人間性尊重)

社員の個性を尊重しながら団体的・個人的利己心を克服し、人間味ある社風のなか自由で闊達な活動を支援する。



行動指針

倫理志向

法と倫理に基づく社会と共にあることを自覚し、法令や社会的規範を尊重し、社会に信頼される企業を目指す。


ニーズ志向

顧客の顕在・潜在ニーズを発掘し、顧客に愛され信頼される企業を目指す。


発想・企画志向

既存の概念にとらわれない発想企画力で顧客のニーズに応え、会社・社員双方の自己実現を図る。


技術開発志向

経済や社会の変化のサイクルを先取りした技術開発を行い、社会の中で存在感のある企業を目指す。