ホーム

会社案内

原材料の調達に関する基本方針

原材料の調達に関する基本方針

株式会社アサカ理研は、コンプライアンス(法令遵守)を重視し、企業の社会的責任を果たすため、国の内外において、人権を尊重し、関係法令、国際ルールを遵守致します。
原料調達においては、「OECD紛争地域および高リスク地域からの鉱物の責任あるサプライチェーンのためのデュー・ディリジェンス・ガイダンス」に従い、以下の指針を定め、責任ある原料調達活動を実施し。紛争地域および高リスク地域における人権侵害、紛争などに加担しないことを約束します。

1.我々は下記の人権侵害を容認せず、また、そこから利益を得ること、加担すること、支援すること、促進することは、決して行いません。
    i) あらゆる形態の拷問、残虐、非人道的で品位を傷つける扱い。
    ii) あらゆる形態の強制労働。
   iii) 最悪の形態の児童労働。
    iv) 広範な性的暴力など、その他の著しい人権侵害および虐待。
    v) 戦争犯罪もしくはその他の深刻な国際的人道法の違反行為、人道に対する犯罪、もしくは集団虐殺。
2.我々は、非政府武装集団への間接または直接的の支援を容認しません。
3.我々は、公的または民間の保安隊で、違法行為を行う組織に対する直接的または間接的な支援を排除することに同意します。
4.我々は、いかなる賄賂の申し出、約束、提供、または要求を行いません。
5.我々は、資金洗浄の効果的な排除に貢献する取り組みを支援します。

また、国際危険物クラス7に分類されるタンタル原料の輸送については、関連法令を順守します。

管理体制


サプライチェーンにおけるリスクを管理するために責任者を選任し、デュー・ディリジェンス管理システムを構築し、責任ある原料調達管理を実施します。 

サプライヤーには、原料調達の方針の認識と協力を求めます。

金・タンタルを含む原料およびその調達先のリスク評価を行い、紛争地域または高リスク地域における人権侵害、非政府武装集団または違法 組織とのつながり、贈収賄、資金洗浄の関わりが判明した場合には、直ちに供給元との取引を中断します。

デュー・ディリジェンス管理システムに係るすべての担当者に対し、システムに関する教育訓練を定期的に実施します。

デュー・ディリジェンス管理システムに係る文書および記録は定められた期間以上保持します。


2014年6月2日制定
2018年10月15日改定
株式会社 アサカ理研
代表取締役社長 山田 慶太



Basic policy for sourcing materials


In order to value legal compliance and assume the company's social responsibilities in and outside of the country, Asaka Riken Co., Ltd. commit to respecting human rights and abiding by the relevant laws and regulations as well as international rules.

In the procurement of raw materials, in accordance with " OECD Due Diligence Guidance for Responsible Supply Chains of Minerals from Conflict-Affected and High-Risk Areas", we establish the following guidelines and we will implement the responsible procurement activities of raw materials. We commit not to be complicit in human rights violations, conflicts, etc in Conflict-Affected and High-Risk Areas.

1. We will not tolerate the following human rights abuses and we will never profit from, contribute to, assist with or facilitate these abuses.
    i) any forms of torture, cruel, inhuman and degrading treatment
    ii) any forms of forced labour
    iii) the worst forms of child labour
    iv) other gross human rights violations and abuses such as widespread sexual violence
    v) war crimes or other serious violations of international humanitarian law, crimes against humanity or genocide.
2. We will not tolerate indirect or direct support for non-government armed groups.
3. We agree to eliminate direct or indirect support for public or private security forces that are conducting illegal activities.
4. We will not offer, promise, give, or demand any bribes.
5. We will support efforts that contribute to the effective elimination of money laundering.

Regarding the transportation of tantalum raw materials classified as International Dangerous Goods Class 7, we shall comply with related laws and regulations.


Detail of Management System



We appoint the responsible persons to manage the risks in the supply chain, construct a due diligence management system, and we will implement responsible raw material procurement management.

Our suppliers are made aware of this conflict minerals policy and expected to cooperate.

After we assess the gold, tantalum raw materials or procurement sources, we will immediately discontinue the transaction with the suppliers where we identify that they are linked to the human rights infringement, non-government armed groups or illegal organizations, bribery, money laundering in conflict areas or high-risk areas.

We will regularly carry out the education and the training on the system for all persons in charge of the due diligence management system.

Documents and records pertaining to the due diligence management system will be retained for a certain period.


June 2nd, 2014
(Revision) October,15 , 2018
Asaka Riken Co., Ltd.
Keita Yamada, Representative Director and President