沿革

昭和44年8月 福島県郡山市田村町に、塩化第二鉄液製造、プリント基板屑及びエッチング廃液からの銅粉回収を目的としてアサカ理研工業株式会社を設立
昭和46年10月 金の回収技術を開発し、プリント基板からの貴金属回収事業を開始
昭和48年4月 貴金属メッキ液の製造販売(昭和56年6月に事業撤退)を目的にアサカ,マテイアリアル,リデュース株式会社を設立
昭和54年8月 運輸部門を分離独立し、フクシマ弘運株式会社を設立
昭和56年6月 アサカ,マテイアリアル,リデュース株式会社をアサカエムアール株式会社に商号変更
昭和56年8月 塩化第二鉄液製造、プリント基板屑及びエッチング廃液からの銅粉回収部門を分離独立し、アサカケミカル株式会社を設立
昭和60年3月 分社化していたアサカケミカル株式会社及びアサカエムアール株式会社の事業発展に伴い、合理化のためにアサカ理研工業株式会社へ営業権を譲渡し、同時に事業部制採用(貴金属事業部、ケミカル事業部、エムアール事業部)
昭和60年4月 フクシマ弘運株式会社をアサカ弘運株式会社に商号変更
昭和60年11月 マイクロコンピューターの応用システムの開発及び販売開始(エムアール事業部)
平成4年3月 福島県郡山市富久山町に富久山工場設置
平成5年4月 組織力強化のために、エムアール事業部を分離独立、アサカエムアール株式会社設立
平成7年10月 インターネット・プロバイダ事業開始(平成17年3月に事業撤退)
平成7年11月 洗浄(水晶振動子及び防着板・マスクの洗浄事業、精密電子部品洗浄)分野への事業展開開始
平成11年3月 西日本地区への販路拡大のため、大阪営業所(大阪市淀川区)を設置
平成13年7月 九州地区への販路拡大のため、九州営業所(北九州市八幡西区)を設置
平成15年8月 海外への販路拡大のため、台湾高雄市に台湾支店を設置
平成15年10月 グループの効率化を図るため、アサカエムアール株式会社を吸収合併(エムアール事業部(現システム部)とする)
平成16年2月 大阪府吹田市へ大阪営業所を移転
平成17年4月 事業部名称を変更し、貴金属事業部、環境事業部、システム事業部の3事業部制となる
平成17年11月 経営の効率化、品質及び生産効率向上のため、ISO9001:2000認証取得 
平成18年11月 福島県郡山市田村町に独立した本社事務所を設置し管理部門を集約
平成19年10月 株式会社アサカ理研に商号変更
平成20年11月 ジャスダック証券取引所に株式を上場
平成21年4月 北九州市若松区へ九州営業所を移転
平成21年4月 ISO9001:2000をISO9001:2008へ移行
平成22年4月 ジャスダック証券取引所と大阪証券取引所の合併に伴い、大阪証券取引所JASDAQ市場に上場
平成22年4月 ISO9001:2008の認証範囲をグループ会社のアサカ弘運株式会社へも拡大
平成22年10月 環境パフォーマンスの改善を継続的に実施するためISO14001:2004をアサカ理研グループで認証取得
平成24年3月 労働安全衛生に関するリスクマネジメントを的確に行うため、OHSAS18001:2007をアサカ理研グループで認証取得(平成27年3月認証返上)
平成24年4月 経済産業省特許庁主催の平成24年度「知財功労賞」において、特許庁長官表彰(特許活用優良企業)を受賞
平成25年7月 大阪証券取引所と東京証券取引所の合併に伴い、東京証券取引所JASDAQ(スタンダード)に上場
平成26年4月 東南アジア地域への事業展開の為、マレーシアペナン州に本社を置く、TWINKLE METAL(M)SDN.BHD.(現ASAKARIKEN (M) SDN. BHD.)を子会社化
平成26年8月 レアメタル・レアアースリサイクルに関する研究開発拠点として、福島県いわき市にいわき工場・生産技術開発センターを設置
平成28年2月 台湾のSOLAR APPLIED MATERIALS TECHNOLOGY CORP.との合弁会社である株式会社ASAKA SOLARを設立